神奈川でおすすめの引越し業者を口コミからリサーチ!
神奈川県の格安引越し業者の口コミ評判と料金比較 » 引越しで失敗しないコツとは? » 引越し時に不要となった棚を神奈川県で処分する6つの方法

引越し時に不要となった棚を神奈川県で処分する6つの方法

引越しのときに不要になった棚。大きいものはどのように処分すればよいか、迷うこともありますね。

ここでは、引越しをする際、神奈川県で棚を処分する最適な6つの方法についてご紹介します。

 

1. 自治体に処分を依賴する方法

自治体に棚の処分を依賴する場合は、粗大ごみとして依賴を出します。 流れとしては市ごとに指定されている金融機関、郵便局、コンビニで手数料を納め、所定の券を購入します。そのうえで指定の日時に粗大ごみの予約をし、指定場所に棚を置いて完了です。

また、自治体によってはゴミ処理場に直接持ち込むと費用が割引になる場合もありますので、自治体に確認するとよいでしょう。 例として、横浜市の場合、棚の処分は以下の基準に分かれています。

書棚(最も長い辺が1m未満) 1,000円
書棚(最も長い辺が1m以上) 1,500円
食器棚(最も長い辺が1m未満) 1,000円
食器棚(最も長い辺が1m以上) 1,500円

 

上記のように大きさによって費用も異なりますので、長さを正確に測って券を購入する必要があります。

2 .引越し会社に処分を依賴する方法

引越し会社によっては不要品を引き取るサービスをしている会社もあります。なかには無料で不要品引取サービスをしている会社もありますので、上手に使えば費用を抑えることもできるでしょう。

また、その場で引き取ってもらえるため、手間を省略できるという利点もあります。

神奈川県で回収を行っている主な引越し会社を紹介

日本通運

「日本通運」は業界最大級のネットワークをほこり、不要品と粗大ごみの引取サービスも行っています。エリアによっては引取ができない場合もあるため、確認するとよいでしょう。

サカイ引越センター

「サカイ引越センター」では不要品リサイクルサービスや不要品買取を行っています。オンラインでの見積もり査定も可能。

ハート引越センター

「ハート引越センター」は無料で不要品引取サービスを実施しています。対象品のコンディションによっては有料になる場合もあるので注意してください。

3. リサイクルショップに買取を依賴する方法

リサイクルショップを利用すると、新品でない場合も買い取ってもらえる可能性があります。リサイクルショップによっては自宅まで見積もりに出向いてくれる業者もありますので、賢く利用したいですね。買取を依賴する棚はホコリを拭き取るなどして、事前に汚れを落としておきましょう。

神奈川県にある代表的なリサイクルショップを紹介

HARD OFF

HARD OFF は、BOOK OFFなどを運営している「ハードオフコーポレーション」が展開するリサイクル系ショップです。全国的に展開しており、神奈川県でも多数の店舗を有しています。

トレジャー・ファクトリー

トレジャー・ファクトリーでは、大型家具を多数取り扱っています。「引越し」と「買取」サービスをパッケージにした引越しプラン「トレファク引越」を用意しています。

4. 友人知人にゆずる方法

棚をほしがっている友人や知人に棚をゆずれば、処分する手間が省けるうえに、友人にも喜んでもらえて一石二鳥です。ただ、棚が大きい場合や複数ある場合は自力で持っていくのは大変。レンタルカーを借りるのも手間がかかりますので、ヤマト運輸など宅配業者のサービスを利用するのも一案です。

5. 不用品回収会社に依賴する方法

自治体に処分を依賴する場合は自分で手続きを行うため多少手間がかかりますが、不用品回収会社に依賴すれば自分で棚を運ぶ必要がなく、時間を短縮できます。また、自治体に依賴する場合は指定の日から選ぶことになりますが、不用品回収業者なら作業日を指定できて融通がききます。

6. ネットオークションで売却する方法

自宅にいながらにして、24時間好きな時間にインターネットを利用して売買できる「ネットオークション」は、忙しい人にはもってこいの方法。一方で、送料などを出品者が負担することもありますので、出品額との兼ね合いを考えることも大切です。

また、入札から発送までの時間も考慮し、余裕をもってオークションに参加するように気をつけましょう。

主なオークションサイト

ヤフオク!

ヤフーが運営する「ヤフオク!」は、圧倒的な知名度をもつ国内最大級のネットオークションサイトです。

メルカリ

「メルカリ」は、スマホから簡単に出品できるフリマアプリです。スマホカメラを使用して簡単に出品できる点が人気。

以上、神奈川県で棚を処分する6つの方法をご紹介しました。ぜひこれらの情報を参考に、ライフスタイルにあった処分方法を選んでみてください。

ページの先頭へ