神奈川でおすすめの引越し業者を口コミからリサーチ!
神奈川県の格安引越し業者の口コミ評判と料金比較 » 引越しで失敗しないコツとは? » 神奈川でお得に引越すなら閑散期がおすすめ!

神奈川でお得に引越すなら閑散期がおすすめ!

引越し料金の違いは繁忙期と閑散期にある

少しでもお得に引越したいなら、引越し業者の閑散期がおすすめです。3月~4月上旬の価格に比べると約半額というところが珍しくありません。

繁忙期と閑散期の価格差を解説します。

引越しの繁忙期と閑散期とは?

繁忙期 どの地方でも3月~4月上旬です。

一般的に企業の年度替わりが4月1日でそれに間に合うように赴任地へ行く人が多く、また学校のクラス替えもあり、天候に都合のよい時期でもあるからです。

閑散期 3月~4月上旬の繁忙期が過ぎるとぱったりと人の移動が減り、閑散期になります。

6月はJune Brideの関係で引越しが増える傾向がありますが、梅雨のシーズンでもあるので最近は少なくなっています。

1月~2月も閑散期に入ります。 賃貸から引越す場合には月末に引越すことが多くなります。月の初旬〜中旬が閑散期になります。

また、仕事や学校の休みの関係で月曜から木曜日までは引越す人は少なく、金・土・日で引越す人が増えます。

神奈川県の引越し価格相場は?

神奈川県内
人数 通常期 繁忙期(3~4月 土日)
単身 28,000円~35,000円 35,000円~50,000円
2人 65,000円~75,000円 82,000円~105,000円
4人 95,000円~120,000円 123,000円~160,000円
関東地方
人数 通常期 繁忙期(3~4月 土日)
単身 35,000円~60,000円 45,000円~84,000円
2人 65,000円~80,000円 88,000円~150,000円
4人 120,000円~170,000円 150,000円~230,000円

引越しの閑散期の料金は?

繁忙期の料金は通常期といわれる時期の1.2~1.5倍といわれています。 一方、閑散期の料金は繁忙期のほぼ半額といわれています。

実は、引越し業者も閑散期に関してははっきりした定額があるわけではなく、そのときの状態次第という面があります。つまり、交渉次第で変わる可能性が多いのです。

繁忙期は交渉の余地はないものと思ったほうがよいのですが、それ以外のシーズンでは一度は交渉してみるものです。

引越し料金の交渉には相場感が必要

引越し料金の交渉といっても、あまり強い交渉では引越し業者との関係が壊れてしまいます。

関係が壊れたから嫌がらせをするなどという幼稚な引越し業者はまずないと思われます。ただ、コストの関係でどうしてもできないサービスというものは出てくるかもしれません。相場感をもって交渉をしたほうがスムーズに話が進みます。

引越しの見積もりは基本的には相見積もりが基本です。インターネットの一括見積などで、おおよその金額を把握して交渉に挑みましょう。

6月はJune Brideといわれて結婚シーズンととらえられていましたが、梅雨があり天候が不安定で湿気も高いために、引越しの条件としてはよくありません。また、9月末から10月は台風シーズンに入り、引越しスケジュールが立てにくい時期です。

一番のおすすめは5月連休明け、9月夏休み明け、1月冬休み明けのウィークデイです。賃貸からの引越しは月末にしないと賃貸料が二重にかかる心配があります。

少しでもお得に引越したいと思ったら、閑散期をねらってみてはいかがですか?

ページの先頭へ