神奈川でおすすめの引越し業者を口コミからリサーチ!
神奈川県の格安引越し業者の口コミ評判と料金比較 » 引越しで失敗しないコツとは? » マンションの1階でひとり暮らしの女性が注意すべき3つの点

マンションの1階でひとり暮らしの女性が注意すべき3つの点

女性のマンション1階でのひとり暮らしは洗濯、施錠、買い物などさまざまな対策が必要になります。

絶対にしなければならない3つの対策をご紹介しますので、早速チェックしましょう。

 

 

1. 洗濯物について

洗濯物は女性のひとり暮らしで最初に注意すべき点です。女性が住んでいると一番わかりやすい部分でもありますので、すぐに対策をとりましょう。

洗濯機を回すときは周囲に注意を

家賃の低い物件の中には、洗濯機をベランダや玄関前に設置するようになっている物件があります。洗濯している様子が外から丸見えになってしまうので、そうした物件の場合は、できるだけ人目につかない時間帯に洗濯機を回すようにしましょう。ただし、深夜や朝方などはご近所に迷惑となるので避けてくださいね!

女性物の服はベランダに干さない

洗濯物を干すのにも注意が必要です。女性物の服ばかり干してあると、その部屋に女性が住んでいることが一目瞭然です。さらに1階だと簡単に盗まれてしまいます。 ベランダに干すのはTシャツやズボンなど、一見どんな人が住んでいるのかわかりにくいものだけにとどめておいたほうがよいでしょう。男性ものの服を一緒に干しておくのも効果的ですよ。

下着やワンピース、スカートなどは、防犯面を考えて室内に干しておくのがおすすめです。

2. 窓のカーテン、ドアの施錠について

女性のひとり暮らしなら、カーテン選びやドアの施錠にも細心の注意を払うべきです。習慣にしてしまえば大変なことではないので、早速始めましょう!

カーテン

お部屋のインテリアとして重要な役割を担うカーテン。赤やピンク、レースなどの可愛いカーテンは、確かに室内を可愛く演出してくれますが、反対に外からも女性が住んでいるのが丸わかりです。 白やグレーなど、インテリアの邪魔にならず、かつ女性が住んでいるとはわかりにくい色のカーテンを選ぶことをおすすめします。

また、カーテンを開けっ放しにしないこと!

朝日を浴びるためにカーテンをあけたら、外出前には必ず閉めるようにしましょう。夜間もカーテンを開けていると、室内の様子が見えてしまいます。カーテンを開けるのは、必要最低限にとどめてくださいね。

ドアや窓の鍵

鍵の施錠にも細心の注意を払ってください。暑いとつい窓を開けたくなってしまいますが、そのまま寝てしまったり、外出しないように気をつけましょう。家にいるときも、ちょっと近くまで出かけるときでも、ドアの鍵をきちんと閉めることを忘れずに。

3. 家にいる時間、買い物の時間について

さらに家にいる時間をわかりにくくしたり、同じ店ばかりで買い物しないようにすれば、防犯対策上級者!ちょっとした工夫で防犯度は一気に高まります。

家にいる時間、家を空けている時間をわかりにくくする

仕事をしていると、家にいる時間と家を空けている時間が一定になりがちです。しかし、それを特定されてしまうと、空き巣被害やストーカー被害に遭う可能性が高くなります。 週に数回、電気やテレビをつけっぱなしにして外出し、家にいる時間をわかりにくくするのがおすすめです。

買い物の場所や時間をバラけさせる

買い物の時間帯や場所にも注意を。いつも仕事帰りに同じスーパー、コンビニに寄っていませんか?これだと何時頃に家路につく、この付近に住んでいるということがわかってしまいます。駅から自宅までのルートの中にあるスーパーやコンビニを数件チェックしておいて、バラバラに行くようにしましょう。

朝早起きして、出勤前に買い物を済ませておくのもおすすめです。職場の近くで買い物を済ませておけば、より自宅を特定されにくくなりますよ。

女性のひとり暮らしは対策を万全に

洗濯、施錠、買い物と、どれも毎日こなさなければならないことですが、徹底することで最悪の事態を防げる可能性が高まります。物騒な事件も多く人ごとではない世の中です。常に万が一のことを予測して生活しましょう。

ページの先頭へ