神奈川でおすすめの引越し業者を口コミからリサーチ!

【横浜市内】不要品の処分

大掃除や引越しの時、不用品があれこれ出てきて処分に困った経験はありませんか。小さいサイズの不用品なら、燃えるごみや燃えないごみなどにまとめて出してしまえば簡単ですが、大きな家電や家具の処分となるとそうもいきません。自治体によって細かくルールが定められているので、それに従って処分しましょう。不用品の種類によっては費用が異なるので、事前に金額の確認や支払いに行く必要があります。単なるごみとして処分していた不用品ですが、場合によっては無料で引き取ってくれたり買い取ってもらえたりできるのをご存知でしょうか。こちらのページでは不用品を粗大ごみとして出す前に、知っておくと良い処分法をご紹介します。それぞれの処分方法の特徴もまとめているのでぜひ参考にしてください。

不要品は引越し前までに処分

引越しにかかる費用は荷物の量で変わるため、新居で使わないものは、事前に処分しておくと節約になります。引越し時は何かとお金が必要なので、なるべく不用品は処分して出費を抑えたいですよね。ひとくちに処分といっても方法はさまざま。燃えるごみや燃えないごみ、粗大ごみとして処分する方法の他に、買取業者や地域のごみ処理施設に持ち込んで引き取ってもらう方法もあります。不用品の種類や大きさによって処分費用が変わるので、事前にチェックしておくと良いですよ。それぞれの処分方法の仕組みを知り、賢く断捨離していきましょう。

不要品の処理はまず買取業者に依頼

不用品は捨ててしまえばただのごみになるだけではなく、ものによっては処分費がかかってしまうこともあります。「ごみ」ではなく、価値ある「モノ」として手離したい時に相談できるのが買取業者。不用品の無料引き取りや買い取りを行っており、場合によっては回収費がかからないだけでなく、不用品を売ったお金が入ってくることもあります。買取業者に依頼すると、まず不用品の買取査定を行い、業者の出張費を含む回収費用から買取金額を差し引いた額によって受け取る料金が決まります。運ぶのが難しい家電や家具などの大きいサイズの不用品は、買取業者に電話で予約すると直接受け取りに来てくれることがほとんど。処分に手間がかからず処分費もかかりません。不用品の回収を依頼する際は、受け渡し場所と近いところで営業している買取業者を選ぶと話がスムーズに進みます。横浜市内で不用品の買取を行っている主な業者をまとめていますので参考にしてください。

不要品の処理は買取業者に依頼

ハードオフ 横浜市ヶ尾店
所在地 神奈川県横浜市青葉区荏田西5-18-15
受付時間 10:30 ~ 19:30
休日 年中無休
公式サイト http://www.hardoff.co.jp/shop/kanto/kanagawa/hardoff/201065/
神奈川不用品買取センター
所在地 神奈川県川崎市宮前区宮前平3-11-20
受付時間 10:00~19:00
休日 年中無休
公式サイト http://www.kaitoris.yokohama/
エコゼスト横浜オフィス
所在地 神奈川県横浜市旭区金が谷610-1
受付時間 9:00~18:00
休日 不定休
公式サイト http://www.wisest.jp/

粗大ごみとして処分

不用品を粗大ごみとして処分する際は、各自治体が定めたルールに従って処分する必要があります。燃えるごみや燃えないごみなどの通常のごみ出しと異なるのは、事前に回収の申し込みを入れる必要があるということです。まず初めに横浜市の粗大ごみ受付センターへ電話をかけて、回収の依頼をします。受付から回収までには約2週間かかるので早めに申し込みをしておきましょう。処分にかかる手数料は200~2,000円程度で、不用品の種類によって細かく分類されています。詳細は横浜市環境資源循環局のページで確認できますよ。手数料は前払い制で、金融機関・郵便局・コンビニで支払うことができます。納付後に収集シールを受け取り、それを引き渡しの当日までに粗大ごみの見やすい箇所に貼っておけば後は業者の回収を待つのみ。シールが貼られていない不用品に関しては回収できないので注意してくださいね。

自分で持ち込む場合

鶴見資源化センター
特徴 収集作業の効率化のため、中継施設(輸送事務所)を3か所設けている。
所在地 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-15-1
受付時間 9:00~12:00、13:00~16:00
休日 日曜日・年末年始
港南ストックヤード
特徴 すべての横浜市民が利用可能で。21時まで営業している。
所在地 神奈川県横浜市港南区日野南3-1-2
受付時間 9:00~12:00、13:00~21:00
休日 施設点検日(1月:第2水曜日、その他の月:第1水曜日)・年末年始
※第1水曜日が祝日のときは、翌日以降の平日が休館日
長坂谷ストックヤード
特徴 すべての横浜市民が利用可能。
所在地 神奈川県横浜市緑区寺山町745-45
受付時間 9:00~12:00、13:00~16:00
休日 日曜日・年末年始
神明台ストックヤード
特徴 地盤が安定している区域に建ち、周辺にはスポーツ施設が整備されている。
所在地 神奈川県横浜市泉区池の谷3949-1
受付時間 9:00~12:00、13:00~16:00
休日 日曜日・年末年始

廃棄のために処分費用が必要な「家電リサイクル法」【神奈川】

電化製品を処分する際、再利用ができる部品を取り出して有効活用する取り組みとして「家電リサイクル法」が存在します。
この法律の対象となる電化製品を廃棄する場合には、定められた手順に従い費用を支払って処分しなければなりません。

誤って悪質な業者に依頼してしまうと思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性があるので、処分する前は十分に注意しましょう。
家電リサイクル法の対象である電化製品には、テレビ、エアコン、洗濯機、衣類乾燥機、冷蔵庫などが挙げられます。

処分方法は対象の電化製品を購入店舗か自治体に依頼

家電リサイクル法対象の電化製品を処分する場合、その製品を購入したお店もしくは処分品の代わりに新しい製品を購入した店舗に処分を依頼します。

お店が近くにない場合は、市区町村の自治体に処分の方法を問い合わせましょう。

郵便局から自治体指定の業者に処分を依頼するという方法もあります。

郵便局で所定の「家電リサイクル券」に記入し、窓口で代金を支払い、指定の取引場所へ製品を持ち込む手順となっています。

処分費用は大型冷藏庫は約5000円!リサイクル料金の目安

家電リサイクル法の対象となる電化製品を処分する場合、リサイクル料として支払う金額の目安は以下の通りです。

テレビ

液晶またはプラズマ16型以上 2900円~
液晶またはプラズマ16型未満 1800円~
ブラウン管16型以上     2900円~
ブラウン管16型未満     1800円~

エアコン

900円~

洗濯機、衣類乾燥機

2400円~

冷蔵庫

171リットル以上       4600円~
171リットル未満       3600円~

メーカーやモデル、年式、サイズなどにより料金は異なります。

また家電量販店などに引き取りを依頼する場合、上記を基本料金として別途手数料や運搬料金などで数千円の費用が加算される場合があるので、そう気軽に処分を依頼できるものではありません。

悪質な廃品回収業者からの不正請求でトラブルが多発!

廃棄処分のために高い費用を支払うことへの矛盾は誰でも感じることでしょう。そんな消費者心理に浸け込む悪質業者が存在します。

家電リサイクル法対象の電化製品は、自治体によって認められた業者だけが処分することが出来ますが、廃品回収業者の中には不法投棄や不正な処分、海外へ不正に売却を行なっている場合もあります。

こうした違法業者の言葉につられて処分を依頼してしまった人が、のちに高額な費用を請求されるトラブルが発生しています。

無許可の業者だと知らずに利用したとしても、依頼した側に不法投棄や廃棄などの責任が問われてしまう場合もあるので、注意が必要です。

こうしたトラブルを回避するために、処分を依頼する際には必ず相手業者に自治体の認可を受けているかを確認しましょう。

「無料もしくは超低料金で回収」といった広告を掲げている業者や、トラックなどで市内を巡回し、廃品回収を行なっているような業者は無認可である可能性が高いので特に気を付けましょう。

不用品はリサイクルショップやネットオークションで正規に販売できる場合も

自分にとっては不用品となってしまったものでも、実は値段がつくものかもしれませんよね。
処分する前には「ネットオークション」や「フリマアプリ」の利用、リサイクルショップなど買取業者への依頼も検討してみましょう。

近年では、衣類や身の回りの品など小さなサイズの不用品ならインターネットを利用した「ネットオークション」や固定価格で取引する「フリマアプリ」が手軽に利用できるツールとして人気があります。

どちらも仲介を行う企業のウェブサイト上で、不要な物品を写真や説明文で紹介し個人間で売買するというものです。

自分自身で価格を決めて販売することができるので、不本意な値段がつくこともなければ、オークション形式では入札額次第で予想以上に高値で販売できる可能性もあります。

このようにインターネット上では様々な個人の不用品が中古商品として販売されていますが、大型の家電製品などは送料の負担額が大きくなるために個人間の取引は容易に成立しないかもしれません。
その場合や、必要準備に費やす時間がないときはリサイクルショップなど買取業者のサービスを利用するという手段もあります。

買取業者の査定によって値段が付く場合には、もちろん処分費用やリサイクル料はかからず、買取を依頼する品数が多いときには自宅まで物品を引き取りに来てくれる場合もあるので、手間がかからず利便性があります。

ただし、業者によって買い取り対象の物品やその価格、手数料などが大きく異なることもあるので、複数の業者に見積もりを依頼して比較してみるとよいでしょう。

いずれの場合にも誰かに買い取ってもらうための準備には手間がかかるものです。時間や利益を考慮して、自分の希望に見合った処分方法を検討しましょう。

ページの先頭へ