神奈川でおすすめの引越し業者を口コミからリサーチ!

オフィスを引っ越す

オフィスの引っ越しは専門作業ができる業者へ

オフィスの引越では、電話やインターネット回線の手配、レイアウト、事務機器の配線、仕事がすぐに始められる状態にするには、専門的な作業ができる業者を選ぶ必要があります。
オフィスの規模にもよりますが、移転のスケジュール管理から移転前の準備、移転当日、移転後まで総合的にサポートできる引越し業者だと一括で移転作業が済むのでおすすめです。 

オフィス引越しでおすすめな業者3選

アクティブ感動引越センター

アクティブ感動引越センター
↑公式サイトをチェックする!↑

最安料金 料金記載なし
プランの特徴
  • パソコンなどの精密機械も搬出・搬入可能
  • 営業時間外の引越し対応可能
住所 東京都府中市緑町1-16-1 松山ビル3階
口コミ

口コミどんな要望にも快い返事で対応して下さいました。移転計画の準備のために何度も足を運んでくださり、助かりました。
何事もなく引越しができて本当に感謝しています。

口コミオフィスをテナントへ移転するために依頼しました。作業スタッフさんが近隣の出身だったので、世間話をしなから楽しく荷造りできました。まとめきれていない荷物まで運んでくださり、とても助かりました。

シモツ引越サービス

シモツ引越しサービス
↑公式サイトをチェックする!↑

最安料金 料金記載なし
プランの特徴
  • 電話・インターネット回線の手配・工事サービス
  • LAN手配・工事サービス
  • OA機器設置割引サービス
住所 横浜市保土ヶ谷区今井町914-2
口コミ

口コミ電話対応や見積もりの時点で、対応がよく価格も満足だったのでシモツさんに決めました。作業はスピーディーで、対応は誠実で丁寧。スタッフの皆さんは全員プロ意識が高く、無理なお願いをしても笑顔で引き受けてくれました。

口コミ電話の問合せから当日の作業まで、スタッフひとりひとりの対応がとても丁寧で親切。困りごとはありませんでした!引越し当日のスタッフは経験豊富な人たちで、クッション材を多く用意してくれ、ベテランならではの深い気遣いが感じられました。

フクフク引越センター

フクフク引越しセンター
↑公式サイトをチェックする!↑

最安料金 料金記載なし
プランの特徴 荷物量に応じて、移転計画をプランニング
内装工事や新規事務什器の準備
サーバーシステムの移送対応
住所 埼玉県川口市東領家5-6-4
口コミ

口コミ事務所の移転で荷物をマンション内で移動するものでしたが、スタッフさんも一生懸命こちらの要望を聞きながらやっていただきました。おかげ様でスムーズに終わったので、頼んで良かった!

口コミ見積を出してくれるのが早い上に、安かったです。電話・メール対応も良く、いい印象でした。事務機器が多くて大変でしたが、搬出作業・搬入作業ともに予定時間より早く終了しました。個人的にも利用したくなる業者さんです。

6ヵ月前からの準備がオススメ!神奈川のオフィス引越しのスケジュールの注意点

オフィスの引越しは、一般家庭の引越しのようにすぐに準備できるものではありません。事前にしっかり引越しの段取りを考えていきましょう!

30坪以上の場合は6ヵ月前に解約予告が必要!

まずは現在のオフィスの解約予告期間をチェックしましょう。解約予告期間を守れないと、引越しが間に合わなくなり、家賃を余計に支払わなければならなくなってしまいます。解約予告期間は賃貸借契約書に記載されてありますので、早めに確認してください。

一般的に、解約予告期間はオフィスの広さによって変動します。

30坪以上のオフィスなら半年前の解約予告が必要となります。10坪から30坪以下のオフィスの場合は3ヵ月前、10坪以下のオフィスなら2ヵ月から3ヵ月前、それ以下のマンションの一室をオフィスとしている場合は1ヵ月から2ヵ月前の解約予告が必要となります。

新オフィスの物件選びは4ヵ月前くらいまでには取り掛かろう

次にオフィスの引越しのスケジュールを決めていきます。6ヵ月前から4ヵ月前くらいまでに物件をある程度絞っておくのがおすすめ。

早め早めに物件をチェックしておくとより良い物件を見つけられる可能性も増えますが、あまりに早く決めてしまうとその分の新しいオフィスの賃料を支払わなければならなくなるので注意しましょう。

不動産会社とかけあって、何ヵ月までなら待ってもらえるかの交渉をすることも重要です。多くの場合は2ヵ月程度なら待ってもらえますので、それより引き伸ばしてもらうか、即決してしまうかはその新しいオフィスの条件などによって考える必要があります。

新オフィスを契約するには審査が必要です。できたばかりの会社などの場合は審査に落ちてしまう可能性もあるので、ギリギリになると退去する必要があるのに新オフィスがない!という最悪の事態も予想されます。

審査に落ちる可能性がある会社の場合は、第2候補となる物件も早めに決めておくと良いでしょう。

引越し業者は5ヵ月~4ヵ月前には探そう

物件決めと並行して引越し業者選びも行っていきます。物件が正確に決定してから探した方がスムーズですが、引越し業者によっては早割などを採用している業者もありますので5ヵ月から4ヵ月前に決めてしまうとお得に引越しができるかもしれません。

オフィスの引越しに必要な手続きをチェック

オフィスの引越しは一般家庭よりも様々な手続きが必要になります。ギリギリになって慌てないように6ヵ月前から3ヵ月前には手続きができる状態にしておきましょう。

オフィスの引越しにはまず見積もりを出してもらう必要があります。内見に来てもらい、だいたいの費用を算出してもらってください。

次に電話の移転、インターネットの移転。プロバイダに連絡し、早めに手続きを行ってください。郵便物の転送届や、取引先への引越し連絡を兼ねた挨拶状、名刺などの印刷も慌てない内に済ませておきましょう。

新オフィスの内装は3ヵ月前から決めていこう

引越し3ヵ月前くらいから、新しいオフィスの内装を考えていきます。什器など必要なものを揃える購入先、レンタル先を決め、内装にデザインが必要ならその依頼も済ませておく必要があります。

オフィス移転後の届出は期間内に!

オフィスの移転が完了したら、各官庁への届出を忘れずに行いましょう。それぞれに提出期限があるのでチェックしておいてください。 届出が必要になるのは法務局、税務局、都税事務所、社会保険事務所、郵便局。

その他労働保険組合に加入している場合は組合での手続きもありますのでお忘れなく。

原状回復工事はオフィス移転後に

オフィスを移転したら前のオフィスのことを忘れてはいけません。最初の契約内容に従って、原状回復工事を行いましょう。業者にあらかじめ頼んでおくことをおすすめします。

ページの先頭へ