神奈川でおすすめの引越し業者を口コミからリサーチ!

長距離を引越す

料金が気になる長距離引越し

長距離の引越しともなると、料金がとても気になるところです。
長距離移動の引越しの料金は、新居の地域に引越し業者の配送拠点があるか、大きなネットワークがあるか、なども関係しているため、全国展開している大手業者ほど価格は抑えられるようです。しかし、中小業者でも独自の引越しサービスを設けているところもあるので、料金だけでなくサービスの質なども比較して検討しましょう。


長距離の引っ越しにおすすめの業者を3つ挙げますので、参考にしてください。

ファミリー引越しセンター

ファミリー引越しセンター
↑公式サイトをチェックする!↑

最安料金 要問い合わせ
プランの特徴
  • 利用者の要望に合わせて提案する
  • 単身者やワンルームの長距離引越し向け
住所 埼玉県戸田市上戸田2-2-2
口コミ

口コミスタッフの皆さんがテキパキ動いてくれたので、思っていたより早く引っ越し作業が終わりました。
繊細な梱包と丁寧な運搬でしたが、時間はかからずとてもスムーズでした。

口コミ長距離だから見積もりは高くついたり、値引き交渉をしたりしないといけないと思っていたのですが、すんなりと予想を下回る金額で契約できました。
リーズナブルな金額で対応もよく、非常に満足です。

口コミ作業員は2人でしたが、淡々とすばやく作業してくれました。
とにかく料金を安く抑えたい人にはおすすめの業者だと思います。

サカイ引越センター

サカイ引越センター
↑公式サイトをチェックする!↑

最安料金 要問い合わせ
プランの特徴
  • 専用資材無料サービスあり
  • 10分間サービスあり
  • 家具・家電の梱包
住所 大阪府堺市堺区石津北町56番地
口コミ

口コミ冷蔵庫、洗濯機等は当日に梱包してもらいました。最後の10分間サービスで洗濯機を取り付けていただきました。
金額以上の働きだと、とても満足しました。

口コミ引越し作業はとても迅速で、丁寧。作業スタッフさんの対応は細やかで素晴らしかったです!
荷物を丁寧に運んでくれたので、安心して引越し作業を任せることができました。また機会があればお願いしたいです。 

口コミ作業も素早く、気持ちがいい仕事ぶりでした。
女性の作業員の方もいらっしゃいましたが、男性に負けない仕事ぶりで感心しました。とても心強かったです。

クロネコヤマト引越しセンター

クロネコヤマト
↑公式サイトをチェックする!↑

最安料金 要問い合わせ
プランの特徴
  • 最低限の引越基本サービスあり
  • 要望に応じて選択できるオプショナルサービスあり
住所 東京都中央区銀座2丁目12番18号 
口コミ

口コミ長距離でリーズナブルに引越できるのは、全国展開している大手のヤマトだからこそだと思います。
新居は運び入れに難しい環境でしたが、文句も言わず、予定時間内に作業をしてくれました。

口コミクチコミの評判が良かったことと、価格が安く、有名なヤマトという安心感で決めました!
当日のヤマトのお兄さんたちが一生懸命作業をしてくれて、大変助かりました。次回も是非利用したいです。

口コミ作業員さんの対応も良く、搬出、搬入前に住宅のキズ等の確認を一つ一つされていて信頼できました。
安心してお任せできました。オプションのサービスも良かったです。

混載便が安い!神奈川の長距離引越しをお得にする4つのポイント

長距離引越しはどうしても費用が高くなってしまいがちですが、できるだけ安く済ませたいですよね。
ここでは、神奈川県の長距離引越しをする際、お得になる引越しのポイントを4つご紹介いたします。

混載便なら長距離の引越しが安くなる!

神奈川県での長距離引越しをする際に、まず考えてほしいのが混載便を利用することです。

混載便とは、通常一つのトラックを貸し切って引越しを行うのに対し、他の依頼者の荷物と一緒に運んでもらう方法のことです。

単身者や荷物の少ないご家庭での引越しでは、トラックを貸し切ってしまうとスペースが余って料金がもったいないという場合もあります。混載便を利用してトラックを有効活用すれば、トラックのチャーター代や人件費などを他の依頼者と割り勘できるので、半額くらいの料金になる場合もあります!

特に長距離の引っ越しは、移動費が高額になりがちなので、その負担を抑えられるのは助かりますね。

混載便は、主に大手の引越し業者が提供しているサービスです。中小レベルの引越し業者だと依頼者が集まりにくく、混載便が成立しないためです。

大手の引越し業者でも、同じ日に引っ越したいという依頼者が現れるまで待つ必要があるなど、引越しの日程を決められないという可能性もありますので、時間に余裕をもって依頼するようにしましょう。

希なケースではありますが、混載便にすると荷物が他の依頼者のものと混同してしまう可能性もあります。ダンボールに名前を書く、荷物の数を把握するなど、事前の準備を怠らないことで、こういったトラブルを防ぐことができますよ。

また、インターネットの一括見積もりサイトに、混載便は含まれていないケースがほとんどです。事前に混載便を取り扱っている業者を調べて、混載便ならどれくらいの料金になるかを自分で問い合わせる必要があることを忘れないようにしてください。

混載便と似ている単身パックを使うと安く済むかも

混載便と似ている引越しプランに単身パックというものがあります。決められたサイズのコンテナの中に荷物を詰めて、他の引越し依頼者の荷物と一緒に運んでもらうというものです。

この単身パックは基本的に荷物が少ない人のためのプランです。コンテナの数を増やすと、結局普通の引越しと同じくらいか、それより高くなってしまうこともあるので注意しましょう。家族や荷物が多い人には向きませんし、荷物が本当に少ない場合は、特に長距離の場合は宅配便を手配した方がお得なケースもあります。

また、単身パックは値切りにくいのもデメリットです。初めからかなり安い料金を提示してくれているので、それでも納得できない場合は他の引越しプランを考えた方がいいでしょう。

コンテナ便は日数がかかるものの費用を抑えられる

引越しは通常トラックで荷物を運びますが、コンテナ便は貨物列車で荷物を運びます。トラックを利用した際の人件費、ガソリン代、高速代などが不要となり、かなり費用を抑えられるのがコンテナ便のメリットです。

しかし貨物列車を利用する場合は、引越し完了までに早くても2日はかかると考えておいていいでしょう。その間の寝泊りの場所を確保できないのであれば、コンテナ便の利用は難しいかもしれません。

また、あまり知られていない方法ですので探しにくく、依頼しにくいというデメリットもあります。

帰り便を利用すれば格安料金で引越しができる!

長距離引越しの際に注目してほしいのが帰り便。帰り便とは、たとえば大阪から神奈川までの引越しを依頼した方がいた場合、荷物を降ろし終わった帰りについでに神奈川県からの荷物を運んでくれるというサービスです。

引越し業者にとっては時間やガソリン代などを節約できるため、料金も格安で受け付けてくれます。

しかし、これにはちょうどいいタイミングで引越しを依頼している人がいる必要があり、業者にスケジュールに時間を合わせる必要もあります。時間に余裕があり、いつでもOKという方でなければぴったりかもしれません。

ページの先頭へ